スポーツミラーアップデートは、手順に従っていただくだけで簡単にお使いのスポーツミラーを最新の状態に更新することができます。

※本ガイドはWindowsXP(SP2)・Internet Explorer6.0を用いた操作手順を説明しています。その他の環境での操作方法は適宜読み替えてください。

アップデート手順

ダウンロードボタンを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し、アップデートファイルを保存してください。

アップデートファイル Ver 1.52 (2.70MB) ダウンロード

 

 

以下のようなダイアログが表示されたら

ダウンロード

ファイルのダウンロードの際に、左のようなダイアログが表示されることがあります。
 このような画面が表示された場合は、必ず「保存」ボタンをクリックし、ファイルを保存してください。実行を選択すると、アップデート作業が正しく行われないことがあります。

ファイルの展開

アップデートファイルの解凍ダウンロードしたファイルを実行して、ファイルの展開を行います。「右クリック」→「開く」を選択するか、アイコンをダブルクリックしてください。

 

左のような画面が表示されます。展開先のフォルダを選択して、「展開」ボタンをクリックしてください。

展開ボタンをクリックすると、ファイルの展開が始まり、指定した先のフォルダに「updater」というフォルダが作成されます。

アップデート

ファイルを実行する

アップデートファイルの実行展開された「updater」フォルダの中にある「updater01.exe」を実行してください。(ファイル名はアップデートのバージョンによって異なる場合がございます。)

スポーツミラーが接続されていないことを確認

確認ウィンドウ確認のウィンドウが表示されたら、パソコンにスポーツミラーが接続されていないことを確認し、OKボタンをクリックしてください。

スポーツミラーを接続

スポーツミラーを接続左のようなウィンドウが表示されたら、更新したいスポーツミラーをパソコンに接続し、OKボタンをクリックしてください。

アップデートを開始する

アップデート画面

アップデート画面が表示されたら、「アップデート」ボタンをクリックしてください。

アップデートの完了

完了アップデートが正常に完了すると、完了ウィンドウが表示されます。「OK」ボタンをクリックするとアップデートが終了し、スポーツミラーが最新の状態に更新されます。

 

 

アップデートによる改良・修正点 

Ver 1.52 (2007/08/09)

  • マニュアルを修正(サポート電話番号の修正)

Ver 1.51 (2007/07/05)

  • マニュアルを修正

Ver 1.5 (2007/05/28)

  • Windows Vista対応

Ver 1.4 (2006/07/13)

  • 一部のカメラで「このデバイスは使用できません」と表示され、起動できないことがある問題点を追加修正

Ver 1.4 (2006/07/04)

  • 一部のカメラで「このデバイスは使用できません」と表示され、起動できないことがある問題点を修正
  • 1024x768以上の解像度で縦横比を維持して表示する機能を追加

Ver 1.31 (2006/02/27)

  • 一部のカメラで「このデバイスは使用できません」と表示され、起動できないことがある問題点を修正
  • Windowsの設定で高DPI設定の設定時にボタンの位置が乱れる不具合を修正
  • 高解像度のUSBカメラを接続した際にパフォーマンスが著しく低下する問題点を改善
  • →「設定」ダイアログで「入力解像度の制限」を「制限しない」「640x480」「320x240」から選択することでコマ落ちを軽減することができます。
  • 一部の環境における高速化

Ver 1.3 (2006/02/20)

  • ウィンドウ表示モードでコントロールバーが動かせない問題についての修正
  • 使用できないキャプチャデバイスを選択した場合スポーツミラーが異常終了することがある問題点の修正
  • 一部の環境におけるパフォーマンスの向上

Ver 1.2 (2006/02/06)

  • 一時ドライブの設定時に当該ドライブがNTFSで有るかどうかを確認し、そうでない場合は変更を促すメッセージを表示致します。
  • VMR9使用時のパフォーマンスを向上しました。
  • DVカメラ使用時にデコード設定を720x480で使用した際の動作を変更しました。
  • 上記の内部動作変更により、各環境に於いてのパフォーマンスが大きく変わっています。
    本バージョンでの推奨設定を以下に示します。
    @WindowsXP SP1の初期状態(DirectX 8.1bのみがインストールされた状態)
    ・フルスクリーン、解像度 800x600 16bit、標準レンダラ、エンコーダ解像度360x240、デコーダ解像度360x240
    AWindowsXP SP1 + DirectX 9以降でビデオカードがDirectX9に対応している場合
    ・フルスクリーン、解像度 800x600 16bit、VMR9、エンコーダ解像度360x240、デコーダ解像度360x240